FC2ブログ

Jazz singer鈴木輪の毎日がメリークリスマス

ジャズシンガー&スタジオオーナー(亀吉音楽堂)の日々を気まぐれに綴ります!

亀吉音楽堂の喫茶部(Rin cafe)土日の午後12時半から17時までOPEN♪美味しいcoffeeと体に優しい手作りケーキ
♥Rin Cafe HP

ココちゃん長生きしてね♪

kokochan_20180920233759f57.jpg
9月もあっという間に駆け抜けて行ってる感じです。
愛犬フラットのココちゃんも涼しくなってちょっと元気になってきました。
とは言え、お散歩はベリーショートコース。
多摩川まで行くこともなくなり、お家の近所をちょろちょろ歩いてすぐに戻りたがります。
脚が弱っているからびっこになっています。元気に多摩川のグランドで走り回ってた頃が懐かしい。
長生きは食事が大事。
ということで、私、手作りワンコ飯をまだ頑張っています。
美味しそうに食べてくれるのが幸せ。
ササミ+さつもいもやカボチャに大根、ニンジンなど、玄米、米ぬかをふりかけています。ドッグフードはトッピング程度。
米ぬかパワーで毛はつやつやよ。
こりゃー、人間にもいいかもよ。
最近はココちゃんが心配で、出かけられなくなりました。
まあ、仕事場がスタジオ中心なので、何かあってもすぐに様子を見れる。お家からスタジオまで徒歩10歩。
近所の人によると、さみしくてワンワン吠えてることもあるみたいで、まあ、わがままっちゃあ、わがままですね。
過保護にしてるから。
この頃の大雨や、雷でパニックになってガタガタ震えているし、停電も怖い。外出中エアコン止まったら怖い!!
しばらくはお家を空けられないなー。
前は食事は2回だったけど、今は食事は3回、朝昼晩。
食事が2回だと、お腹が空きすぎて黄色の胆汁を吐くことが多くなり、それを防止するため。
人間もドカ食いするより、ちょこちょこ食べる方がいいっていうし、犬も同じかなー。と、思い、、、。
ココちゃん、そろそろご飯だと思うと、じーっと、私の様子を伺ってる(笑)
散歩も3回、朝、夕方、寝る前。
そろそろ散歩だと思うとストーカーのように付きまとう。(笑)
仕事の時はもう少し我慢させる時はあるけど、基本はこんな感じ。ココちゃん中心の生活。
いいの。いいの。たくさん甘えさせてあげようと思っている。
愛情をかければかけるほど、愛情はコンコンと泉のように湧いてくるのが不思議です。
親バカと言われても、犬バカと言われてもいいのです。
若い頃はお転婆で暴れん坊のココちゃんだったけど、歳を取って、まーるくなった。
お客様にも、近所の方達にもみんなに可愛がられています。ココちゃん長生きしてね。
ココちゃん大好き♡チュッ
ココちゃん



ココちゃん病院通いの夏

ココちゃん10歳、病院通いの夏です。
10歳になるまで病気をしたことがなかったココちゃん。
この夏は暑い。
暑さで免疫力ダウンか!
ばい菌にやられました。
暑くてお風呂場で涼んでいたのが失敗のはじまり。
傷から入ったのかよくわからないけど、まずは内ももが膿皮症になり、膿と血が出てきました。
なめていたようで、悪化。
病院に行って抗生物質を飲んできれいになって、安心していたけど、薬を飲まなくなったら、お尻から粘液が。血も出てきたのでびっくりしてまた病院へ。今度は膣炎でした。
避妊手術はしているのに、膣炎になるんですね。
膣洗浄の処置と(あばれて大変だったよー)またまた抗生物質のお世話に。
で、薬を飲み始めて、3日目、ココちゃんの寝床が、、、、、、血だらけに、、、、。
どこからなのか、よーく見てみると、ココちゃんの左足が濡れている。
昔からあるデキモノが大爆発。
台風通過とともに大爆発。(気圧と関係あるのか?)
硬くなっていたデキモノでしたが、炎症を起こしていました。
結構大きい。バリカンで毛を刈られて、処置してもらいました。
膿やら血やらなんやら油っぽい黒っぽい気持ち悪いのも出た。
今もじんわりと、出ています。
明日も病院に行きます。先生は涼しい顔をして、普通にお話しながら、処置します。
明日も痛いのかな?こっちがドキドキして力が入ってしまいます。
傷をなめないようにカラーをつけてます。
これじゃ、お水飲めないねー。
でも、ココちゃん、カッコいいですよ。(と、ウソを言ってなだめる私である)
フラット(この犬種)で10歳まで健康だったのは立派です。と、言われちょっと嬉しかった。
ココちゃん、まだまだ頑張るですよーーー。
kokochin.jpg


ココちゃん、ジャックラッセルテリアに噛まれる!の巻

本日3月30日は私の愛するココちゃんの10歳の誕生日。10歳まで元気にいてくたことを感謝。
実は昨日ひやひやすることがありました。
10歳目前でまさかの負傷犬になるところでした。
多摩川でいつものようにお散歩して、桜がキレイだねー。と、のんびり歩いていると、
いきなりジャックラッセルテリアがすごい勢いで走って来てココちゃんに噛みついてきた。
私はリードを持ったまま。
その犬はココちゃんを追いかけまわしてお尻や足に噛みついたのだ。
私がそいつをふり払おうとしても執拗にを追いかけまわす。
ココちゃんが、今まで鳴いたことない声でキャイン、キャイン鳴いたので、やられた。と、焦った。
通りががかりの知らない人が、「大丈夫ですか?」と、声かけてくださって、親切に血が出ていないか見てくれた。
しばらくココちゃんは足がガタガタ震えてるし、びっこになってた。
ジャックラッセルテリアの飼い主さんはリードを持っていたけど、引っ張られて離してしまったという。
そんなに噛みついた後もその子を叱ることもなく、だっこしたまま立ちすくんでいた。
「なぜその場ですぐに叱らない?ここは叱るとこじゃないの?どういうこと?しつけしてよーーー。もうー。」
ガタガタブルブルしてるココちゃんを大丈夫、大丈夫、しながら、心の中でそう思ってた。
いつもココちゃんが通ると、ものすごく攻撃的に吠えまくって飛び掛かってこようとするので、なるべく出会わないように、
遠くでその子を見つけるとコースを変えたりしていました。
ココちゃんは一度もその子に吠えたこともないし、なぜそのようにされるのかわかりません。
そのジャックラッセルテリアの飼い主さんに、「黒い犬が嫌い。」と、言われたけど、他のラブちゃんにはそこまで攻撃することもないのだそうです。
ココちゃんは大人しい、やさしい子。犬の世界だと弱いオーラを出しているのでしょうか?
弱いやつを征服してやろうと思って、そんな風に攻撃してくるのでしょうか?
だとしたら、超いやな奴。
初めてそのジャックラッセルテリアにあったその時も噛みついてきた。
実際は毛がフワフワしてるから、ケガはしなかったけど、毛をかすめた。毛がごっそり抜けた。「こいつ本気でココちゃんに噛みついてきたな。」と、感じたので、もう絶対にココちゃんを近づけないようにしてた。昨日は油断してた。血が出ているか暗くてよく分からないし、連絡先は聞いた。帰宅してよーく見てみると血は出ていないようだった。
念のため、動物病院の先生にも電話して説明すると、たぶん歯は入っていないだろう。と。。。。で、ちょっと安心しました。
今日、、ジャックの飼い主さんからお電話いただき、少しお話しました。
ケガはしてません。大丈夫です。と、伝えると安心されてたけど、途中で涙声になっていたけど。
いや、泣きたいのはこっち。
今日はココちゃんの誕生日なの。10歳を前に負傷犬になるところだったの。
治療費払います。とか、お詫びさせて下さいとか、おっしゃっていたけど。お願いはただひとつ。
しつけ教室に行って下さい。
koko_20180331003722176.jpg
今日もぽよーーん。としてるね。君。本当にいい子。節目の10歳。長生きしようね。

ココちゃんファーストの会の会長に任命されました

犬を飼い始めて18年か。
ふぅー。思い出に浸る午後。
ミニーちゃん(イングリッシュスプリンガースパニエル)、マービン君(フラットコーテッドレトリバー)、そしてココちゃん。
私が、3人(3匹か)の子持ちになった時、大型犬2匹とと中型犬の同時散歩は、背筋女子としても、なかなかハードな日々でした。
腕の筋肉もも背筋もワンコ散歩により磨かれた。。。。ぜ!
マービン君が亡くなり、ミニーちゃんが亡くなり、今はココちゃん一人(一匹)だけになって今、私は思うことがあります。
ココちゃんを甘やかそう。。。
3番目のココちゃんはいつも我慢していて、甘え方を知らなかった。
やんちゃだから、マービンに怒られ、ミニーに唸られて、トイレも使わせてもらえなかったから、変なところでおしっこしたりしてました。ブラッシングしてやろうとしても逃げるし、、。目も合わせないし、、、。
そんなココちゃんでしたが、、、、。
ミニーちゃんがご高齢になってきた時、「やっと私の時代がやって来たのよー」と急に生き生きと輝き始めた!(笑)
みんなに愛想を振りまき、ご近所からもかわいがられるワンコに成長したのです。
そんなココちゃんでしたが、去年突然びっこになって、歩かなくなって、、、、。もしかしたら、このまま介護に突入するかも。と、
覚悟をして、介護用品も買って準備したのですが、、、。
食事を手作りわんこ飯にして、徐々に回復。
食事はすごい。ワンコの体もワンコの食べたもので出来ているのだー。
というわけで、、、
今では多摩川を走り回ることも出来ます。ふぅー。良かった。
とは言えもうすぐ10歳。
白髪も増え、目も白内障です。脂肪の塊のような出来物があちこちにあります。
ココが残りの犬生を幸せに過ごせるように、私はココちゃんファーストになります。
ココちゃんのそばにいたい。
ココを抱きしめたーーーーい!!(うるさい?)
長いお留守番はさせたくないので、なるべく遠方仕事はせず、スタジオ中心で頑張ります。
鈴木、ココちゃんファーストの会の会長に任命されました。
頑張ります。

↓あぁー、懐かしのミニーちゃんとココちゃんの2ショット↓
ミニーここ
↓ココちゃんが一番美しい時に撮っていただいた!私のCDジャケット↓
hitomi500.jpg
鈴木輪/I'll close my eyes (瞳をとじて)(2015)亀吉レコード
*piano百々徹 bass林正男 vocal鈴木輪




スタジオ犬ココちゃんですが、、、、

鈴木輪 Official HP
鈴木輪 Vocal Studio (Jazz Vocal Lesson )
亀吉音楽堂・亀吉レコード HP



愛犬ココロ(フラットコーテッドレトリバー9歳)の調子が悪いです。
色んなところの関節炎です。
いつも元気なココちゃんなので、あんまり気にしていなかった私がバカだった。
時々足がビッコになってのに、すぐに治ってたから放置してた。
お散歩も、最近はすぐに立ち止まってぼーっとしたりしてた。
そっちにまで行くの?って顔して立ち止まって、ふんばってたのに、、、。
こっちは気にせず、「あらまあココちゃん歩きましょう。」と、散歩させてたんだけど、良くなかったのか。
人間の言うことを喜んでやろうとしてくれるココちゃんだから、ホントにもう。
ココももう9歳だから、色々出てくるよね。
分かるよ。私も色々出てきた。指の関節が痛いもん。
一緒にコラーゲン取ろうね。
食事から改善だーーーーーーー!うぉーーーーーー!!
以前からドッグフードに疑問を持っていたので、手作りワンコ飯に切り替えます。
2年前に亡くなったイングリッシュスプリンがースパニエルのミニーちゃんの話だけど、
アレルギーで皮膚病でした。(カビも生えてると言われた。色んな抗生物質を処方されたけど、ダメだったからもう諦めてた。)
ミニーちゃんは強い子で、何度も死にそうになりかけては持ち直したんだけど、ある時、口が開かなくなっちゃって、フードが食べられなくなった。
つまり、何日か絶食したわけ。3、4日だったと思う。お水も飲めない。
お腹すかせて、口が開かなくなって、弱って死んじゃうなんて、本当に可哀そうだと、思ってつらかった。
無理に開けようとしてもとてもとても開かない口でした
そしたら、なんとー、ある日、朝、起きたら、口が開いてて、お水を飲んでた。
ホントに驚いたのは、それからです。
なんとーーーーーーー!!
皮膚病がキレイに治った。
嘘みたいだけど、ドッグフードをやめたら皮膚病が治った。
つまり、そういうことね。
色んなものが入っているからね。
怖いですね。食品添加物。
ココちゃんも時間がある時は手作りワンコ飯をフードに混ぜてたけど、これからは、肉を食べさせます。
そして、コラーゲン取ります。骨もあげます。
私も便乗して、肉食べようっと。
先日は、植物から学ぶことをブログに書きましたが、
ワンコからも学ぶことが多いです。
前は、ミニーちゃんが食品添加物に気をつけろよ。と、教えてくれましたが、
今回はココちゃんが、教えてくれました。
「コラーゲンとれよ!!」「肉、食べろよ。」「タンパク質は大事だからな。」「油は亜麻仁油かエゴマよろしく頼むよ。」
(女の子だから、こんな話し方ではないが、、、、)
ココちゃんはスタジオ犬のお仕事もあったから、本当に気を使って頑張ってきたんだね。
お客様対応係もやってたからね。
まだまだ元気に多摩川でお散歩しよう!
20170617.jpg
本日のココちゃん、床でゴロゴロしています。





↓亀吉レコード のamazonはこちら↓


FC2Ad